1. ホーム
  2. アスタリスクとは
  3. 当社の強み

当社の強み

アスタリスクの哲学

あしたをつくるアスタリスクの哲学

経営理念の組織への浸透を図るため、「あしたをつくるアスタリスクの哲学」を発行しました。通称『アス哲』として全員に配布しています。

明日のためのアスタリスクタイムズ

アスタリスクタイムズ

経営理念の組織への浸透を図るため、「明⽇のためのアスタリスクタイムズ」を発⾏しています。当初は社⻑の私が、『朝に⼩さな勝ちを掴む』ための⾃⼰鍛錬でした。書いたものが残るため、2年前、5年前の⾃分を⾒ることができる、未熟だったことも成⻑したこともすべて記録されているので⾃分のためにもなります。これを毎朝全社員に送信することで、チーム「アスタリスク」として同じ⽅向を向くためのツールにしています。社⻑から全社員への情報発信は情報共有一つでもあります。

WEBブログに保存してあり、過去の記事もある。全部読んだ社員もいます。また、長期休暇を取っていた社員に3ヶ月分を印刷して送ったらA4約500枚分になりました。

社⻑が毎朝5時に起きて毎日発行 2007年4⽉7⽇から5年以上継続中
1時間~1時間半かけて書く
月曜だけは4時起きで3時間かける。(前週の社員からの週報のすべてにコメントを⼊れるため、時間がかかる。そのため⽉曜⽇はハイテンション)

人事制度

採用時には、技術があるかどうかより人間性を見て判断しています。
評価基準はS、A、B、C、Dがあり、評価は「アスタリスク7階層」で人事考課します。
個別に目標管理シートを作成し、半年ごとに直属の上司が評価し、昇給と賞与に反映させるしくみができています。

人事制度

イベントでのPR活動

見本市出展

当社では東京・大阪で開催される見本市に毎年出展をし、当社の技術や商品の周知、告知に努めています。

「2017 Japan IT Week 春」店舗ITソリューション展【春】/IoT/M2M展【春】

2017年5月 at東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社(http://www.reedexpo.co.jp/)

全体来場者88,725人
当社のブース来場者約3,100人
ブースで説明をした人数約2,850人(1,350人/1,500人)

リテールテックJAPAN2017

2017年3月 at東京ビッグサイト
主催:日本経済新聞社(https://messe.nikkei.co.jp/rt/)

全体来場者131,442人
当社のブース来場者約1,000人
ブースで説明をした人数約850人

JAPAN IT WEEK 関西「第1回関西モバイル活用展」

2017年2月 atインテックス大阪
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社(http://www.japan-it.jp/kansai//)

全体来場者18,203人
当社のブース来場者約1,500人
ブースで説明をした人数約1,170人

「Japan IT Week2016秋」第6回モバイル活用展【秋】

2016年10月 at幕張メッセ
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社(http://www.reedexpo.co.jp/)

全体来場者40,572人
当社のブース来場者約2,000人
ブースで説明をした人数約1,750人

AsReader Conference 2016

2016年10月 at東京国際フォーラム G701号室
主催:㈱アスタリスク

全体来場者約300人
初めてのプライベートセミナーでは、一挙に5つの新機種を発表!
大盛況のうちに幕を閉じました。

国際モダンホスピタルショウ2016

2016年7月 at東京ビッグサイト
主催:一般社団法人 日本病院会 / 一般社団法人 日本経営協会(http://noma-hs.jp/hs/2016/)

全体来場者 80,942人
当社のブース来場者約500人
ブースで説明をした人数約430人

開発力の向上

平成24年5月、大連に子会社を設立しました。iOSや業務システムの開発が主体の会社です。

名称大連明日星科技有限公司
住所大連市高新区七賢嶺愛賢街6号合益ビル901
設立2012年5月
業務内容iOSや業務システムの開発、中国への販売拠点

ページの先頭へ