1. ホーム
  2. 導入事例
  3. >株式会社ターン様

店舗毎、グループ毎の採算性を日次で見える化!
社員一人一人が、採算を意識した組織へと変革

社名 株式会社ターン
取り扱い品種 カー用品

導入背景

高収益をあげ、発展を続けていく、企業を長期的に発展させるためには、正しい「経営哲学」を確立すると共に、それを全社員と共有すること、また、組織の末端に至るまでの経営実態を正確かつタイムリーに把握する「管理会計制度」が必要であると感じていました。

そこで、会社の組織を小集団に分け、リーダーを選び、その経営を任せることで、経営者意識を持つリーダー、つまり共同経営者を多数育成しようと考えました。

課題

  • 組織の末端に至るまでの経営実態を正確かつタイムリーに把握する
  • 共同経営者の多数育成

アスタリスクでの解決方法

売り場毎の小集団の採算に直結する仕組みを確立

SalaseePOSと、日次決算システムを使い、小集団ごとに経営の内容が正確に把握できる、独創的で精緻な部門別採算管理の仕組みを構築しました。

同時に、経営をガラス張りにし、部門別の経営の実態が誰にでもわかるようにしました。

POSでリアルタイムに売上を分析するだけでなく、日次決算の社内売買で仕入や経費、社内売買をタイムリーに把握ができる仕組みを構築し、売り場毎の小集団の採算に直結する仕組みとなっています。

導入後の効果

「全員参加経営」の実現

各リーダーが中心となって計画を立て、全員の知恵と努力により目標を達成していく。そうすることで、現場の社員ひとりひとりが主役となり、自主的に経営に参加する「全員参加経営」を実現しています。

ご担当者様の声

ひとりひとりが採算意識を持つ事により、改善への話し合いや、行動が日々行えるようになりました。また、自店舗の経営状態のみならず、他店舗の収支状況もタイムリーに把握することができ、店舗の枠を超えて会社全体の採算向上への話し合いができるようになりました。

ページの先頭へ