1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 京都生花株式会社様

フラワービジネスへのスマートデバイスの業務利用への挑戦

社名 京都生花株式会社様
取り扱い品種 生花・鉢物などのフラワービジネス

導入背景

フラワービジネスでは、iPadなどを利用したビジネスアプリがまだまだ採用されていない状況。市場でのIT化、Webを使った販売システムの構築は完成しているが市場へインパクトとスマートデバイスによる業務アプリの投与で利便性を実現し、利用者様へ京都生花ならでは快適な環境を提供したい。

アスタリスクでの解決方法

Web販売では、購入までにステップが多くまたWebシステムの為、動作が重いところが課題のひとつ、またPCでの利用を想定した作りになっているがiPadでのネイティブアプリの構築により動作も軽快で且つ持ち運べる環境を提供。

また個店様向けにお店で写真で、そのままを電子カタログに出来るオンデマンドカタログ「Hanalog」を開発。

導入後の効果

キャリアを巻き込んだインフラからの供給で、フラワービジネスの世界で本格的な業務アプリの配布を達成し、アプリ、デバイス両面でのフラワービジネス界での先駆者となる。

またWeb販売ではアプリ化による作業性の向上は、利用者様の満足度の向上に繋がり、その結果、利用者様との「絆」も深まった事は、利用者様からの支持を得る結果に繋がった。

ページの先頭へ