1. ホーム
  2. ニュースリリース&お知らせ
  3. JacketタイプでiOS12のiPod touchを使用した場合に発生する事象について 

JacketタイプでiOS12のiPod touchを使用した場合に発生する事象について 

2019.01.16 16:19 

caution_03

Jacketタイプ(ASX-510R、520R、他)とiOS12のiPod touchを使った場合に、下記の事象が確認されました。

■発生事象
充電中にiOSがスリープになった場合、10秒ほど経過すると自動的にiOSがスリープから復帰します。
その後、何も触らないと再度スリープとなりますが、10秒たつとまた復帰するため、スリープと復帰を繰り返します。
尚、その後にiOSをアクティブにしてアプリを起動しても、AsReaderとの接続には問題はありません。

■原因
本事象はiOS12とJacketタイプ(iAP1)だけで発生し、DockタイプなどiAP2の他機種では発生していません。
通常、iOSがスリープした時点でAsReaderのF/Wも動作を終了しますが、そのタイミングでiOSがスリープから復帰しています。
iOSとiAP1の外部アクセサリの接続が切れる段階でiOSが本事象ような動作をしていると思われます。

■対策
AsReader側ではF/Wが停止している状態のため、AsReader側で対策を講じることはできません。

本事象はあくまでiOSの仕様変更としてご理解いただきますよう、お願いいたします。

 

ページの先頭へ